短期で働く派遣について

短期派遣のお仕事について

2012年に改正された「労働者派遣法」により、短期派遣は原則禁止になりました。では、短期派遣はなくなってしまったのかというと、そうではありません。

いくつかの例外規定があったりと、短期派遣は引き続き募集されています。そんな短期派遣についてご説明いたします。

1.短期派遣の仕事

短期派遣の仕事についての説明

原則禁止とされている短期派遣ですが、例外として。以下のような専門性や経験を要する業務であったり、一定の条件を満たした人であれば、短期派遣が可能となります。

短期派遣が可能な業務一覧

ソフトウェア開発 受付・案内 秘書
機械設計 制作・編集 財務
事務機器操作 広告デザイン 添乗
OAインストラクション 市場調査 研究開発
取引文書の作成 事業の企画・立案 デモンストレーション
翻訳・通訳・速記 ファイリング 営業(セールスエンジニア、金融商品)

短期の派遣が可能な人

  • 60歳以上の方
  • 学生(定時や通信教育は除く)
  • 年収500万円以上の方
  • 世帯年収500万円以上、かつ主たる生計者でない方

2.短期派遣の勤務する日や時間帯

短期派遣は、30日以内の派遣契約のことを言い、31日以上の契約では短期派遣とは言いません。

また、他の雇用形態と比べて、勤務する日や時間帯などの融通がつけやすく、個人の予定やライフスタイルに合わせてお仕事を探すことができます。

時間はフルタイムのものもあれば、2~3時間と短時間のものもあり、募集求人によって変わります。例えば職場復帰へのリハビリも兼ねて短期派遣を選ぶといったことも可能です。

3.短期派遣の給料

一般的に、短期派遣の方の給料は、同じ非正規社員のパートやアルバイトに比べて高いとされています。派遣で働くメリットしてもこのことがよくあげられます。

すべてにおいて言えることではありませんが、多くは3~4割、多い時は6割増しで計算されることもあります。多くは、その日払いであったり、翌日、翌週払いで、手っ取り早く稼ぐことができます。

4.短期派遣のメリットとデメリット

短期派遣のメリットとデメリット画像

短期派遣にはそれぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。短期派遣が、自分に合った働き方なのかを考える材料にしてみてください。

メリット

  • 勤務時間や曜日、場所を自分の好きなように選べる
  • 仕事内容を選べる
  • パートやアルバイトより時給が高い
  • いろんな仕事を経験できる

やはり、働きたいときに働くことができるのが一番大きなメリットです。土日の空いた時間を活用して、プチ就業ができるという気軽さが魅力のようです。

その他にも、期限がくれば辞めることが決まっているので、余計な人間関係に悩まないという意見もあります。また、派遣で勤務する場合、派遣会社や担当者のフォローも気になるところですが、短期派遣の場合はそのようなこともあまり関係がありません。

デメリット

  • 収入が安定しない
  • 履歴書に職歴として書けない
  • 昇給・賞与がない
  • 福利厚生がない

短期契約なので、収入が途切れてしまいます。収入に不安のある方には向きません。また短期派遣で募集される求人は、補助要員としてのものが多かったり、在職期間の短さから、職歴として記載することは逆にマイナスになってしまうこともあります。

5.短期派遣がおすすめの方

まず、短期派遣の禁止の例外に入っている、60歳以上や学生の方については、特に業種に関係なく、自分の希望する日や時間帯で仕事ができるという点でおすすめです。

また、出産や育児で退職後に職場復帰する際、ブランクが長くてすぐにフルタイムで働くのに抵抗がある方には、「慣らし」の意味でも短期派遣は有効です。他にも子どもが小さかったり、親の介護などで短時間しか働けない人などにもぴったりです。

また、平日に既に派遣をしている人なら、休日に短期派遣を取り入れることもできます。今月もう少し稼ぎたいな、という時におすすめです。

また、いろいろなお仕事や、職場で働くことができるので、チャレンジ精神の豊富な方には楽しくお仕事できると思います。

6.短期で働くなら派遣・パート・アルバイトどれがいい?

短期で働く場合、働く形態として「派遣」「パート」「アルバイト」の3つがあります。では、この3形態のうち、どれが一番よいのでしょうか。

「派遣」と「パート・アルバイト」を比べると、やはり「派遣」の方が一歩リードしています。同じ短期で働くならば、やはり給料のよい派遣は得だと思います。けれど、パートやアルバイトと異なり、短期派遣によってできるお仕事が限られているため、自分のやりたいと思っている仕事について、例外業種に入るのか、詳しく聞く必要があります。

7.短期で働きたいおすすめ派遣会社ランキング

1位、パソナ

国内で最大規模となる派遣会社で、派遣スタッフの満足度も高いとても評判のよい会社です。派遣スタッフとして登録・就職すると、さまざまなスキルアップ講座や、全国にある施設を割引で利用することができます。

パソナ
パソナ詳しい内容はこちら

2位、テンプスタッフ

人材派遣会社としては、日本最大手。業界トップクラスの求人数で、日本国内297箇所に登録拠点があります。派遣スタッフの満足度も高く、福利厚生やスキルアップのための支援制度も充実しています。

テンプスタッフ
テンプスタッフ詳しい内容はこちら

3位、アデコ

人材派遣会社として、世界一の売上高を誇ります。口コミや満足度でも高い評価があり、対応地域は全国にわたります。アパレルや事務など、女性に人気の業種に強く、短期・単発・日雇いなどの求人も多いです。

アデコ
アデコ詳しい内容はこちら

4位、リクリートスタッフィング

日本最大手の人材会社リクルートグループの派遣会社。対応地域は全国と幅広く、国内最大級の求人数を誇り、質のよい求人を取り扱っています。また、研修やサポート体制、福利厚生が充実しています。

リクリートスタッフィング
リクリートスタッフィング詳しい内容はこちら

8.おわりに

世間の変わりようとともに、派遣法も変わり、働き方が大きく変化しました。短期派遣についても、原則禁止ですが、例外もあります。詳しいお仕事内容を聞いてみると、例外業種に含まれていることもあります。すぐに諦めてしまわずに、まず話を聞くことをおすすめします。